2015年10月19日

リグヴェーダ杯レポート

BMGなんばドレノ担当の方、おっきゅんさん、ざっぱさん、陳宮さんらドレノ勢お疲れ様でした。
あと、三日前に誘ったもやしさんもお疲れ様でした。

リグヴェーダ五回戦、当たった相手は赤青レジェンド4回、青黒1回でした。(全体では青黄、黄単もある程度いた)正直、こんな当たるとは(・ω・)
特に準決勝はヤマタケビーム貰いながらもなんとかアドバンテージキープしつつ勝ちました。

ここにはちゃんと書き記しておきますが、正確にはその最後の一点を削るアタックを決める一手前に制限時間がきていましたが、ジャッジ判断でその時点で勝ち確のため決勝へ進みました。(ジャッジが対戦相手に一手アタックのみで敗北確定である事、さらに逆ブロックの階段全勝者に意見を確認しその時点で同意を確認しています)

こういうのは状況を精確に残して置かないとね。

《ジャッジ判断》という言葉につきますが上記の通り、その時点で各一致の意見でしたので問題ない進行だと思います。

これは参考ですけど、公式でも40分過ぎて止めない試合は現実にありました。
自分ともりそばの東京CS準決勝ですが、最後もりそばのアタック前で時間切れでした。しかし馬Dジャッジで時間切れ宣言なく終えました。自分も負け確なので当然文句無しでそのジャッジを認めました。時間切れ判断ならばお互い一点のドローですがw

話し戻して個人的には振り返るとプレイをもう少し、焦らせて最終ターンを向かえれば良かったな、とは思いますがかなり重要な局面だったのでそうはしたくなかったですね。。。

まぁとはいえ、難しい事抜きでリグヴェーダは楽しかったです。個人戦優勝は嬉しい!

また、おっきゅんさんをはじめとする強プレイヤーとフリーや意見交換出来たのはためになりました。

ざっぱさんもプレイが綺麗で2ターンまでは完全劣勢でした。ライフの取り方が東京のTAKUYAさんの青黒のプレイに類似しています(個人見解)

何書いてるかわからんくなったのでこの辺でしめますけど
お疲れ様でした。

色紙良いよ
image-ce615.jpgimage-ea56d.jpg




posted by シャリン at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック